2017/03/29

ダイエット中の食事の摂り方!!

お世話になってます、中洲派遣のAXIS(アクシス)です。

今回もダイエットネタでいきます。。笑

少しだけ専門的な用語も出てきますが、しっかり最後まで目を通して役に立てていただければと思います。

 

確実に痩せるためにも、減量中の食事の摂り方をご紹介する前に、ホルモンの働きについてお話しさせていただきます。

ホルモンバランスを整えることが、確実に痩せる食事の摂り方の最重要ポイントになります。

 

 

痩せるために重要な2つのホルモン

インスリンというホルモンをご存知でしょうか?詳しい働きは分からなくても、聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

このインスリンと同じく重要な働きをしているホルモンにグルカゴンというものがあり、共に「血糖値」に深く関係しています。

人は血糖値が下がると空腹感を感じ、脳からお腹が空いたという指令が出ます。

そこでご飯を食べることで血糖値は上がり、同時にインスリンというホルモンが分泌されて、上がった血糖値を下げようと働きます。

そうしてインスリンによって再び血糖値が下がると、また空腹感を感じるというメカニズムになっているのです。

逆に、グルカゴンは血糖値を上げるホルモンで、血糖値が下がると分泌されます。

グルカゴンが血糖値の下がりすぎを抑えてくれることによって、血糖値が下がった際に感じる空腹感を食い止めてくれる働きもあります。

グルカゴンは、特にたんぱく質を摂ることで分泌が促進されます。

インスリンの詳細はこちら

グルカゴンの詳細はこちら

 

 

確実に痩せるダイエット中の食事の摂り方について

前回のブログダイエットの良い悪いとは??でも述べたように、確実に痩せるためにも、減量中の食事の摂り方は炭水化物・たんぱく質・野菜1:2:3の割合で食べ、野菜、たんぱく質、炭水化物の順番で食べることがポイントです。

 

この1:2:3のバランスと量、そして食べる順番を実践することでホルモンバランスが整い、血糖値が一定の範囲内に安定します。

血糖値が安定することで食後約5時間は空腹感がなくなるため、間食が減ります。

さらにホルモンバランスが整うことで体脂肪が燃焼されるため、筋肉量をなるべく落とさずに痩せる体質へと近づきます。

食事の最初に野菜類を食べることで、食物繊維が血糖値の上昇を抑えてくれます。

次にたんぱく質を摂ることで血糖値を上げるグルカゴンが分泌され、血糖値の下がり過ぎによる空腹感を防ぎます。

最後に炭水化物の量を調整することで血糖値の上昇を抑えることができ、結果、血糖値が一定の範囲内に安定します。

血糖値を緩やかに上昇させ、たんぱく質を摂ることは満腹感を持続させることにつながります。

食べる時間として気を付けて頂きたい点は、「朝食をしっかり食べる」「約5時間おきに食べる」という2点です。

まず朝食時は、夕食を食べてから8~10時間経過している為、空腹状態にあり血糖値が低い状態となっています。

その状態で朝食を抜いてしまい、昼食に丼ものなどの炭水化物メインのものを食べてしまうと、血糖値が急激に上昇してしまいます。

また約5時間おきに食べるという点は、朝食を食べるという点にも絡んできますが、血糖値が低い状態が続くとその後の食事で摂ったものがより脂肪として蓄積されやすくなるのです。

ですから、もし次の食事まで5時間以上空いてしまう場合には、たんぱく質中心の間食を摂るようにして血糖値を低下させすぎないことが必要となります。

 

このように、食事の取り方1つでも大事なんです!

是非この記事を見たみなさんも試していただけたらと思います!!

 

 

中洲で派遣をするならアクシスで決まり!!

福岡中洲 人材派遣会社AXIS(アクシス)

登録人数130名突破!!

派遣会社AXIS(アクシス)では【頑張る女の子の器になること】をモットーに日々運営しております。

登録されている方の中にはお子さんがいらっしゃる方、お昼のお仕事をされている方など様々な状況の方たちがいます。

様々な事情や女の子自身の状況を考え、スタッフ一同できることは最善を尽くします。

もちろん、ヘアセット、送迎、ドレス等レンタルは全て無料!!引かれ物は一切ナシ!!

中洲の飲み屋で働いた経験がない方でも安心して働けます!!

ご興味のある方はお気軽に下記のLINEからご相談ください!

LINE : 福岡中洲 人材派遣AXIS(アクシス)← 先ずはクリック!!

いつでも親身に対応致します!ご連絡お待ちしております!!

中洲で派遣をするならAxis(アクシス) で決まり!! 

過去ブログ記事一覧 ←詳細はこちら

Page TOP