2017/05/01

中洲派遣Axis/お触り客の対策法

お世話になってます、中洲派遣のAxis(アクシス)です。

 

本日は、アクシスの事務所内でも女の子がよく相談がある、お触り客の対策法についてお話しします!

 

お客さんの手を握る

ベタ中のベタな方法ですね!!

触られないようにお客様の手を握ってやり過ごす方法です。

中には「手を握ってもすぐに振りほどかれて、ほとんど効果ない」という子もいますが、少しの意識で効果的な対策になります。

お客様が、さわらせないために押さえつけられた。

と感じたら失敗に終わります。すぐに振りほどかれて、触ってきます。

しかし、キャストからさわってきてくれた。

そんな風に感じてもらえると、お客様は満たされ大人しくなることが多いです。

今まで効果の感じられなかった人は、タイミングを意識してチャレンジしてみてください!笑

 

手を握るタイミング

触られていない時に、自然にお客さんの手を握るようにしましょう。

例えば、お客様の手相を見せてもらい、適当に手相についてあれこれ話して、そのままの流れで握る。

こんな風にすると、キャストから自分の手をさわってきてくれた。

となり満たされます。
逆に触られそうになっているときに手を握っても

触らせないために防がれた。

となり、おさわりの攻防が続きます。

少しの違いですが、大切なポイントです!
結構強めに握っておきましょう!
 
 
 

自分には『触りやすい雰囲気』が出てしまっている事を自覚する

お店の客層に問題がある場合もありますが、おさわりをされやすい人は、お触りしやすい雰囲気が出ちゃってるんです。

 

さわりやすいキャバ嬢の特徴

●弱々しい感じ

●声が小さい

●姿勢が猫背

●深く座る

●お客さんに媚びた接客や会話

こんな感じで触りやすいキャストに共通している特徴が多くみられます。

お触りしてきそうな席だなっと感じたら、いつも以上に

 

1,声に張りをだし

2,背筋を伸ばす

3、お客様に媚びることのない接客

 

を意識してみてください!!

 

 

お触りされて我慢をする必要はない

自分で対処できればそれが一番ですが、自分で対処できそうにない場合は席を抜けてください

席を抜ける理由はトイレでもなんでもいいです。

そしてボーイさんに、自分では対処できないから注意するか抜くかしてほしいと陰で伝えてください

普通のお店であれば、必ず対応してくれます。

ボーイさんに隠れてコソコソお触りするお客様も多いです!

 

ボーイが見てるのに止めてくれない。

この相談もよくうけます。

お店によって

●少しの「おさわり」でも注意するお店

●ある程度キャストで対応する事を求めているお店

があります。

後者のお店が一概に悪いとは言えません。

それでも一定のラインを超えると注意する必要はありますが、その『一定のライン』というのは店やボーイによっても違います。

だからボーイが止めてくれるのを待つんじゃなくて、自分で対処できないと感じたら席を抜けてその意思を伝えるようにしてください。

 

まとめ

飲み屋に『おさわり』はつきものです。

お店に止めてもらうのを待つスタイルでは、通用しない場合も必ずでてきます。

 

●おさわりを自分で対処するスキル

●おさわりをさせにくい接客

 

を身に着けることが大切です。

けどそれができないからといって、我慢する必要はありません。

自分で対処できないときは、席を抜け助けを求めましょう。

 

 

アクシスの公式Instagramやってます!

フォロー&いいね!をお願いします。

 

 

当ブログ1日あたり500アクセスしてます!

みなさんに見ていただき感謝です。

これからもお役立ち情報をたくさん発信していきます!

中洲で派遣をするならアクシスで決まり!!

福岡中洲 人材派遣会社AXIS(アクシス)

登録人数140名突破!!

派遣会社AXIS(アクシス)では【頑張る女の子の器になること】をモットーに日々運営しております。

登録されている方の中にはお子さんがいらっしゃる方、お昼のお仕事をされている方など様々な状況の方たちがいます。

様々な事情や女の子自身の状況を考え、スタッフ一同できることは最善を尽くします。

もちろん、ヘアセット、送迎、ドレス等レンタルは全て無料!!引かれ物は一切ナシ!!

中洲の飲み屋で働いた経験がない方でも安心して働けます!!

ご興味のある方はお気軽に下記のLINEからご相談ください!

LINE : 福岡中洲 人材派遣AXIS(アクシス)← 先ずはクリック!!

いつでも親身に対応致します!ご連絡お待ちしております!!

中洲で派遣をするならAxis(アクシス) で決まり!! 

過去ブログ記事一覧 ←詳細はこちら

Page TOP