2017/05/08

中洲派遣Axis/会話でのポイント

お世話になってます、中洲派遣のAxis(アクシス)です。

今回は何気ない会話の中でのポイントをお伝えします。

「元気?」への受け答え

 

飲み屋のキャストとして働いている時、入店したお客様から「元気だった?」と言われたとき、何と答えるでしょうか??

多くの人は「はい、元気です」や、「普通です」と答えるでしょう!

「元気じゃないです、体調が悪くって」と真面目に言ったならば、お客様は気を使って楽しめないでしょう。

さて、このうちどれが正しいでしょうか??

 

実はどれも正しくないんです。。笑

 

では、何というのが正解なのでしょうか??

 

一流のキャストは、

 

「はい、お陰さまで元気です。○○さんは調子どうですか?」

 

と答えます。

他にも色々な答え方がありますが、大事なのは自分のことだけを言うのではなく、「○○さんは?」ということによって相手に質問するのです。

これは相手がその質問に対してなにを求めているかを考慮してのことです。

お客様はなぜ「元気だった?」と聞くのでしょうか。

 

単に、自分のお気に入りのキャストが元気だったかどうかを知りたいというのもあるでしょう。

しかし、それ以上に相手が求めているのは、相手としゃべることです。

だからこそ、キャストは自分のことを言うだけではなく、「○○さんは?」と聞くのです。

そうすると、相手の求める「おしゃべり」をすることができます。

実際にやってみると分かりますが、このように答えてみると会話がはずんで盛り上がることができます。

 

しかし、相手に質問を投げかけなければ、そこで会話が終わって気まずい思いをすることとなります。

お客様のお酒も進まないので、キャストとして合格とは言えないでしょう。

「元気だった?」という受け答え一つに、このような深い哲学があるのです。

 

 

すべてのキャストが会話上手ではない

 

先ほど述べたように、飲み屋のキャストは相手が求めていることを考えながら喋らないといけません。

これが一般の人との大きな違いです。

逆にそれができていればキャストの話術の基本はクリアしたようなものです。

たしかに、話術に長けていればより盛り上がることができますから、指名も増えて成績を伸ばすことができるでしょう。

 

しかし、相手のことを考えてしゃべるという会話の基本を抑えることが最も大切で、それができているかどうかで狙ったお客様とうまくいくかどうかがきまります。

話下手の人がなぜ話下手かも、ここに原因があると思います。

 

 

しかし、そもそも話下手の人はそのようには考えません。

自分に話術がないから自分は話題に乏しいからそのように考えて「相手が求めることを考える」ことをせず、小手先の話術を気にしたり、話題を提供するためにネタ集めをします。

しかし、それは基本ができて以降のことですから、それでうまくいくはずがありません。

 

話下手の人がなぜ面白くないかと言えば、相手が求めていることを推し量ることができないからなのです。

 

お店に飲みにきてくださったお客様が、何を求めているのか、そこをうまく汲み取って会話をしていくことで、今後のお仕事にも良い方向で影響していくでしょう!

 

 

アクシスの公式Instagramやってます!

フォロー&いいね!をお願いします。

 

 

当ブログ1日あたり500アクセスしてます!

みなさんに見ていただき感謝です。

これからもお役立ち情報をたくさん発信していきます!

 

 

 

中洲で派遣をするならアクシスで決まり!!

福岡中洲 人材派遣会社AXIS(アクシス)

登録人数150名突破!!

派遣会社AXIS(アクシス)では【頑張る女の子の器になること】をモットーに日々運営しております。

登録されている方の中にはお子さんがいらっしゃる方、お昼のお仕事をされている方など様々な状況の方たちがいます。

様々な事情や女の子自身の状況を考え、スタッフ一同できることは最善を尽くします。

もちろん、ヘアセット、送迎、ドレス等レンタルは全て無料!!引かれ物は一切ナシ!!

中洲の飲み屋で働いた経験がない方でも安心して働けます!!

ご興味のある方はお気軽に下記のLINEからご相談ください!

LINE : 福岡中洲 人材派遣AXIS(アクシス)← 先ずはクリック!!

いつでも親身に対応致します!ご連絡お待ちしております!!

中洲で派遣をするならAxis(アクシス) で決まり!! 

過去ブログ記事一覧 ←詳細はこちら

Page TOP